人気ブログランキング |

<   2019年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

修学旅行Part4

こんなタイトルですが今日も本編までは入りません。まずは今日で成人となったことを報告します。特にこれといって変わったことはないのですが。
受験生の終了、大学への入学、令和の開始、成人と1ヶ月おきに節目が訪れています。
もう一つ、24日にこのブログの累計閲覧者が9000人に到達しました。一応過去の到達日を振り返っておくと、
1000人…2015年7月23日
2000人…2016年1月27日
3000人…2016年9月29日
4000人…2017年4月22日
5000人…2017年7月20日
6000人…2017年10月6日
7000人…2018年1月29日
8000人…不明(2018年4月以降)
ということです。この調子だと10月ごろに10000人到達でしょうか。
因みに約50ヶ月なので1ヶ月あたり180人、1日あたり約6人という計算になります。

本日はここまで。この下に本編を書いていきます。

ちゃんと更新できている皆さんが羨ましいです。
6/1 ようやく本編に入ります。
7日目 ラスベガスのホテルを発つ。なぜか朝食がおにぎり。飛行機が出発したのは朝8時過ぎ。
    飛行機の中からセンターピポットが見えた。
    サンフランシスコ空港で乗り換え。飛行機が出発するまで1時間ほど待たされた。約半日かけて帰国。
    帰国の機内ではファインディング・ドリーをやっていた記憶。
8日目 成田空港で解散。この段階でブログ閲覧者が3000人到達を確認。その後帰宅。
    その日の夕食は覚えていない(鍋だったかな?)
後日談 その日の夜は流石に寝られず。一応これが人生初の完徹ということになるのか?夜中の2時にブログで帰宅報告していますね。
    翌日は学校は振替休日。9時〜12時と1時〜3時まで寝ていた。午後4時半に『未開人の受験記』を開設。
その翌日(土曜日)から授業。そういえば事後学習とかあまりなかったような気がする。
次の週は駿台模試だったようである。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
高校編は競技クイズについてあと2本と高3、浪人中の勉強以外の話題について数本記事にします。
そしたら3/28〜の大学生活編を始めます。

by nsmik | 2019-05-27 22:33 | 修学旅行 | Comments(0)

修学旅行Part3

何気に令和初記事です。ようやく時間ができました。本当は3日に1本は記事をあげるつもりなのですが…
閲覧用に他ブログを2つ開設、Twitterの裏垢を3つ開設したことも響いているのですが… 後は帰省もしてました。
この間にも色々あったので追って記事にしますが。6月上旬までは比較的暇ですがそれ以降新歓合宿が2回あるのも辛いところ。
いや、辛くはないな。時間とお金が無いだけで。
因みに本日河合塾の個別指導員の採用試験で落とされました。すぐさま他のところに申し込みましたが。
とりあえず現在書ける事だけ書くと授業は週14コマ、サークルは3つ掛け持ち(運動系はない)、バイトを2つ掛け持ち(予定。1つは内定済み)

宣伝:今週末の五月祭で「だいこくや ピロシキ工房」という名前でピロシキを販売します。是非お越しください!

さて本編。修学旅行5日目。…と思って書き始めようと思ったらMacBook AirってSDカード挿せないのかよ(別売りらしい)
色々面倒なので今日はここまで。本編入れてない。

5/22 ようやく時間ができました。今日から2週間ほどは比較的時間があるので更新していきたいと思います。
五月祭・ALESA・初ゼミのコンボは辛い…

5日目 AM:ニューアーク空港からラスベガス空港に飛行機で移動。
       到着後、プレミアムアウトレットで昼食とお土産の購入。
    PM:ストラトスフィアタワー(展望台は高さ約250m)に登った。滞在時間1時間強。
       移動して、30分ほど噴水ショーの見学。
       ホテルで夕食後、就寝。部屋でのゴタゴタは割愛で。
6日目 AM:5:30起床。恐らく旅行中一番早く起きたのがこの日。グランドキャニオンへ向かう。
      7:00にホテルを出発。片道5時間はかかるようで。途中でフーバーダムを通過。
      とにかく何もない砂漠が続く。日本では決して見られない光景。
    PM:昼食休憩から1時間、ようやく到着。と思ったら現地の滞在時間は50分ほどなのか。
       ※そう言えばネバダ州とアリゾナ州の間には1時間の時差があるはずだが、アリゾナ州はサマータイムを実施していない。
        その為、この時は同じ時刻であった。因みに、ナバホ・ネイション(インディアン保留地)に限り実施されているらしい。
        ただし、ナバホ・ネイションに囲まれているホピ・ネイションでは実施していないようである。
       取り敢えず見て回るが、確かにそんなに長居する必要もない。光景自体は目を見張るものがあるのだが。
       その後帰りはルート66経由。アメリカ史上で有名な国道なのだとか。
       カーズの舞台として有名だが怒りの葡萄の舞台でもあるようだ。そう言えばここにくる途中のバスではカーズが流れていた気がする。
       そうこうしているうちに宿に到着。この日の夕食で小テスト未合格者が何かやらされて巻き込まれかけましたね…

本日はここまで。
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
P.S この記事で300記事目だったのだな。非公開にした記事が少なくとも6つあるので公開数はそれよりは少ないですが。


by nsmik | 2019-05-15 23:17 | 修学旅行 | Comments(0)