人気ブログランキング |

カテゴリ:競技クイズ( 73 )

第33回以降の高校生クイズ出場回数

第33回以降の高校生クイズ出場回数
気になったので作ってみた。時々こんな感じの記事も書いてみたい。
括弧内は33回以降の最高成績。間違っている可能性大いにあり。

7回 岐阜 岐阜高校(38回2回戦)
6回 栃木 宇都宮高校(38回3回戦)   
   高知 土佐高校(初戦突破なし)
5回 京都 洛北高校(34、39回優勝) 
   兵庫 灘高校(36回優勝) 
   三重 桜丘高校(37、38回優勝)  
   鹿児島 ラサール高校(34回、38回決勝) 
   埼玉 栄東高校(36回決勝)  
   山梨 甲府南高校(38回準決勝)
   鳥取 鳥取西高校(39回5回戦)
   福井 藤島高校(34回2回戦)
   福島 福島高校(38回2回戦)
   石川 金沢泉丘高校(初戦突破なし)
4回 神奈川 慶應義塾高校(33回優勝)
   埼玉 浦和高校(35回優勝)
   宮城 仙台第二高校(34回準決勝)
   奈良 東大寺学園(34回準々決勝)
   島根 出雲高校(33回2回戦)
   沖縄 昭和薬科大付高校(33回2回戦)
   熊本 熊本高校(34回2回戦)
   鹿児島 鳳凰高校(初戦突破なし)
3回 千葉 船橋高校(34回決勝)
   東京 開成高校(35、37回決勝)
   富山 富山中部高校(39回決勝)
   広島 広島大付高校(33回準決勝)
   長野 屋代高校(34回準決勝)
   佐賀 佐賀西高校(36回準決勝)
   新潟 新潟高校(37回準々決勝)
   北海道 札幌南高校(34、35回2回戦)
   青森 弘前高校(34回2回戦)
   徳島 城東高校(38、39回2回戦)
   滋賀 膳所高校(39回2回戦)
   茨城 水戸第一高校(初戦突破なし)
   群馬 前橋高校(初戦突破なし)
   滋賀 守山高校(初戦突破なし)
   和歌山 智辯和歌山高校(初戦突破なし)
   山口 野田学園高校(初戦突破なし)
   徳島 徳島市立高校(初戦突破なし)
   福岡 筑紫丘高校(初戦突破なし)
   佐賀 早稲田佐賀高校(初戦突破なし)
   長崎 青雲高校(初戦突破なし)

by nsmik | 2019-09-17 00:29 | 競技クイズ | Comments(0)

2017年3月

高2の引退前最後の1ヶ月です。


3/6~9(確か)学年末試験 特記事項なし

3/18 コバトンカップ 高校が会場になった回。いつもの服を着て行かなかった回。そこそこ押せた。3/19 abc15th この記事執筆時点で最高順位。この後2年のブランクが空いて参加者が増えたから当然とも言えるのだが101点、309位です。)因みに4択の得点率に限ると今年(17th)の68点が最高。 

3/27 kqa杯15th 何やかんや印象に残っているのはこの大会か。大会数日前に突如会場が変更になった。高校生オープン以降この大会の紙抜けに照準を合わせやってきたわけでして。参加者201人に対して紙抜けは78人。自分でも一縷の希望は持っていましたが…朝電車内で読んでいた問題がペーパーに出たりして自分でもわずかながら可能性は持っていましたが、自己採点の時点で厳しそうだと思った。(42~3点だったと思う。因みに朝見た問題も漢字を間違えた。)

昼食後、結果発表。通過ボーダーは48点。惜しくも何ともない。というか何気に中1(当時)の後輩が通っていますね。
僕の2年間は何だったのか 親に申し訳ない ←本心と言えなくもない
大会のその後は特に印象なし。

3/28 ksc 連戦だったので東京に泊まりました。これが高校での引退試合。前日の大会より通過枠が狭い(53人)ため諦めていました。ペーパーで予想以上に善戦し(自己採点で58点)もしかしたら通過したかもしれないかと思いましたがボーダーは3点くらい上でした。※問題集が家で見つからなかったので多分買っていないのだろう。敗復で1問押して終わりだった。


引退のスピーチは4/7の始業式の日でした。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村

東大生ブログランキング
次回から番外編です。

by nsmik | 2019-08-29 00:45 | 競技クイズ | Comments(0)

2017年初頭

今日久しぶりに更新できそうでは?と思っていたのに気づいたら日付跨いでいますね…

まあ1ヶ月に最低1記事は書くというつもりではいるのでこんな今日のところは生存報告にとどめておきます。

おそらく次の記事は8月10日以降になるので今月は事実上更新なしということになるのでしょうか。

15 センター試験同日模試 英数国しか会場では受けなかった。前年の反省を生かし、ここでは遅刻はしなかった。(注:このブログでは書いていなかったが、この前年に時間を間違えて遅刻している。)(そういえばこの日午前中学校が終わってから中途半端に時間が空いていたので唯一市の図書館を使った日だと言うことを思い出した。その日の部活がどうだったかについては記憶がない。)因みに15日は慶應例会だったはず。

1/29 高2東大レベル模試 この日は浦和例会。模試の結果としては偏差値64だったためまずまず良好と言えたのではないでしょうか。

1月は中学入試+高校入試によって学校が休みになる日が多く5連休があった気がする。普通に勉強をしていましたが。

2/6 この日から補習が原則毎授業日になった。開講式なるものがあった。

2/8、9 センター早期対策模試(ベネッセ)。この時期の740点はそう焦る数字でもないのでは?

2/11 BNS。ペーパー52点で122位との記録が残されている。(今冬の大会も出ますが参加人数が膨れ上がっている予感。何とかこの順位を上回りたい)
2/19 栄東例会 高2なのに大した仕事をしませんでした。それよりも提出したはずの問題が1問も採用されないと言う事件が発生しましてね…

2/25 東大入試1日目。この日の話は2017年2月25日の話を参照。

本日はここまで。本当にこれくらいしかなかったと思う。

今後の更新について 高2編は後1か2記事で終了、その後コラムを挟み(多分)番外編と称し高3~浪人期の受験期に書かなかった話を全17回(予定)で書いていきたいと思います。受験記の方は初ゼミの記事も書きたい。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2019-07-12 00:12 | 競技クイズ | Comments(0)

修学旅行〜2016年末

早いことにもう6月です… 早く大学入学後のことも記事にします。
月火の休みを利用して(注:東大のターム末の試験。普通は理系のみ存在。文系は休み。)文系はディズニーランドに行っていた人もいた様ですが、僕は案の定(?)行っておりません。これも追って話せることですが。

一応カテゴリを競技クイズにしておいたが、他のことも書けるなら書こう。

当時のブログに律儀に予定表が記載されていたおかげで書くのに苦労しない。
10月13日 駿台模試 一貫対高入、懐かしい。結果はよく覚えていないのだが。
      →結果的に偏差値は69.2
  26〜29日 中間試験
  29日 引退杯 当時の様子はこの記事 相変わらず酷い問題が多いが、良問もあるとは思う。
  30日 UNION3 後輩の強さを見せつけられた日だったと思う。特筆すべき実績もなし。
11月某日 エコノミクス甲子園には不参加。
  某日 進研模試 社会は初受験。 
  20日 GTECcbt受験。午後に東大宮クイズフェスティバル。
12月2〜6日 期末試験
  15日 日本クイズ協会発足(そういえばこんな時期だったな)
  21日 部内杯「未開の波杯」前回よりは改善したつもりだが作問クオリティ低すぎ。
  22日 終業式
  23日 さいたまクイズ王予選 後輩が平然と本戦進出決めているのですが…
  25日 立川例会 意欲だけは取り戻した時期。実績は出ず。一年生の時の方が健闘したと思う。

この時期のこともあまり覚えていませんね… 本日はここまで。次回は2017年の1、2月を軽く振り返ります。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2019-06-04 22:43 | 競技クイズ | Comments(0)

高校生オープン、早稲田例会、船橋例会(2016年)

高校生クイズがあってモチベーションが上がったと思いきやそれにもかかわらず何もしていなかったころ。
高校生オープンでの紙抜けは絶望的だったが、春までやればKQA杯では紙抜けできるだろう、という軽く考えていた。
一方その為に具体的に何をしたわけでもなく...受験で例えるなら参考書を買って満足している状況でしょうか。
というか高校生オープン以降1ミリも触れていなかったかもしれない。

そんな中の高校生オープン。案の定紙落ちでしたが同級生が次々通過している様子は流石に悔しかったですね。
一方1年生のころ授業でやった内容も忘れていたので受験も心配になった。
本当にここまでは口だけでしたがようやくやる気になった。そんな時期にもう引退ですか...
(部の規定で一応引退時期は2年の10月。延長する場合には要相談)
正直競技クイズのために高校を選んだ身なのにこの堕落ぶりは許せず3月末まで挑戦してみることを決意。
(途中何故か食育王に出たりもしましたが)
成績もよくなければ継続は許されなく、駿台模試で偏差値65なければ無理、と思った。

早稲田例会。ペーパー56位のネームプレートが残っているが多分この大会。参加者は80人ほどだった気がする。

船橋例会。引退勢は最後の大会だったと思う。1年前と同じくあと1○のところで2ラウンド落ち。1年間何をやっていたのですかね...

この後修学旅行(後日書きます)があって帰ってきた次の日に「未開人の受験記」を開始、その次の週で駿台模試があった。
偏差値69.2で引退回避です。

にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2019-03-21 23:02 | 競技クイズ | Comments(0)

高校生クイズ2016

ほとんど覚えていない+LINEの会話履歴も削除されてしまい完全に記憶を頼りに...書けない。

①事前対策:初の屋内&スマホ大会が大々的にアピールされた大会。とにかく4択対策をやった。
      参加者が○×問題を作って応募する企画があり、全国大会の裏ルートになりうると思いかなり真剣に作った。
      因みに没問題:「日本全国のキオスクの店舗は全て駅舎の中にある。○か×か」
      福岡に駅の外の店舗があったらしいが現地に行って確かめられない+地域格差が生じるという理由で没。
      実際の提出問題:「乃木坂46の次に行われるライブにリオデジャネイロオリンピックの全選手が見に行ったら会場を埋めることが                                                               できる。○か×か」
      確か次のライブが名古屋で定員が1万人のところ1万1000人ほどが押し寄せるから○だったと思った。
      正直会心の出来だった。
      いろいろな形式があることは事前告知されていたが予測不可能なので対策しなかった...のかな。
      前日にペアの相手(この年は理系の同級生と組んだ。彼も今春めでたく大学合格)とサイゼリアに行って対策した。
      そういえば後輩にセブ島への語学研修が本戦と被るため出られない人がいた。
②当日:会場は豊洲PIT。スマホの電源を直前まで消費しないようにいろいろ工夫した記憶。
    新幹線は充電設備がある列車を選び、直前まで確認できるようにiPadを持って行き...
    但しfreeWi-Fiがあまり使えず無意味に終わった。
    このブログで直前対策記事を作り会場へ持って行った。最初のクイズが始まる直前まで部員に回していた。
    会場の後ろの方に陣取った。
③本番:最初がライブだったような気もしたが乃木坂/超特急目当てではないので記憶にない。
    最初は○×クイズだったことは鮮明に記憶にある。
    直前まで充電を保っておこうとしたため問題開始までにスマホが繋がらないという大失態。
    第1問「日本一高い山は富士山である。○か×か」が答えられなかったのは今では部の伝説か?
    第2問は記憶にないが簡単な問題ではあった。ギリギリ繋がって正解した記憶。
    あと誰か画家の問題が出た気がする。その答えが×であったことも覚えている。
    途中で参加者による○×クイズの中から選ばれた問題が出題された。
    「現在の乃木坂46のメンバーの中に今日(7/27)が誕生日の人がいる。○か×か」
    当然対策済みの問題。あっさり×を選択。(因みに元メンバーにいた、というのがオチ)
    それよりもこれと全国大会進出に何の関係もないことに落胆。
    いくつかのスマホに表示される画像を合わせて答える問題は組織力で通過。僕自身は何もしていない。
    芸人が色々なチャレンジをするので結果を予測する問題(もはやクイズとは呼べない)は相方に助けられ正解。
    どんなチャレンジだったかは記憶にない。(録画を見れば分かるはず)
    事前のアンケートをもとに答える問題は2問。確か1問目は
    「ファーストキスを済ませた参加者の割合が最も多いのはどこの地方か。」
    こんなの分かるはずもなく(ところで標本の数は十分なのだろうか)
    参加者の少ない地域なら極端に高い数値もあり得ると思い沖縄を選択。実際は2番目に少なかった。
    正解は確か東北。知るか。
    もう1問は「大阪府の参加者がカップルの相手に求めるものとして最も多いのは次のうちどれか。」
    大阪府と言えども面白い人を求めるというのは外部のイメージであって実態は違うのでは、と思ったが今度は相方に押し切られた。
    僕の考えが正解だったようだが仕方がない。
    あとは最後の三択クイズ以外あっても印象に残っていないため省略。
    最後の三択は70問だったような気がする。途中時間がないと焦って相方の意見を聞かずに答えてしまった問題があった。
    基本僕がスマホを操作していたのだがそこは反省点である。最終問題のラスパイレス指数は覚えている。
    結果待ちの間に乃木坂46のライブ。その後結果発表で同級生と後輩のペアが呼ばれた。
    因みに僕たちのペアは県17位、関東73位、全国131位で4択の正答率は61.3%。高いのか低いのか分からない。
    しかし高校生クイズの為に県外の高校に通っている身としては物足りないわけでして。
    (実際には僕の居住地の県のほうがはるかに代表になりやいのですが)
    そんなわけで表彰式が行われて退場、その後の集会が大きく盛り上がったのは言うまでもない。
    そういえば参加賞にMATCHの1Lペットボトル入りがあった。
    ただ3年生で夏まで続けていた先輩はこれが引退でして。
    夕食は豊洲のフードコートで食べた。

書くことを覚えてないと言った割にはこれ位は書けた。良かった。 

追記:にほんブログ村の参加カテゴリーを変更しておきました。
                              
にほんブログ村 大学生日記ブログ 大学1年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2019-03-13 22:59 | 競技クイズ | Comments(0)

卒業に寄せて

まず初めに当初の予定から大幅に狂っているので説明を。
そもそも3月の卒業式までの間に受験記を書き終えて3月10日に合格報告、3月15日の3周年を持って大学生編を開始、大学で研究したいことを書いたり2年7月で止まっている記録の続きを書く...予定でした。全く計画してなかったためこのブログをどうしようか、とも考えていたわけですが。来年の合格報告(また合格前提)までは休止させていただきます。

最後だから真相を語っておきますか。実は食育王予選で1チームだけ正しい答えに変えたのも1年時に高クイが学校に来た時の○×を答えたのも僕です。申し訳ございませんでした。

卒業DVDは...予想通り引退の言葉が使われており、食育王が大々的に取り上げられた。ここまでは想定内。
想定外だったのは僕が以前に高校生クイズにぴったりだと評した曲がBGMで使われたことですね。
(余談。僕は後日別の曲も上げたつもりでいたが書いてなかったようだ。)

メッセージとしては1年前に書いたこととほぼ変わらないが、一つだけ追記。
「知る」こと自体への喜び。自分が何に興味があるか分からない、そんな人こそ自分の興味を見つけるためにクイズをやるのも有ではないか。
そう思います。
あと印象的だったのが先輩たちの大学での変わり様。僕自身も入学時に思い描いていなかった体験ができた。
これからも「知への扉」と「未知への扉」を切り開いて行ってください。
↑卒業式前日に思いついて文集に書けなかったことを猛烈に後悔。

関連リンク
引退時の記事 (ここから4記事)
曲紹介 (trf survival dAnce)
もう一曲紹介しようと思っていた曲(Something ELse ラストチャンス)
副題を一時期give me a chanceにしただけで忘れてました。大学受験もラストチャンスですし、実際2年の後期にはこのようなことを感じていました。

twitterともう一つのブログ「未開人の受験記」は継続していきます。こちらは次の記事が来年の3月10日で吉報を届けたいと思います。

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2018-03-24 12:29 | 競技クイズ | Comments(0)

卒業セレモニー

ブログを書けという無言の圧力を感じたので書くと致しましょうか。
本日は部活の卒業セレモニーでした。
まだ話し足りないことがたくさんあるのでこの場で全部言い切ってしまいたいのですが詳しいことは明日書きます。


by nsmik | 2018-03-23 22:36 | 競技クイズ | Comments(0)

新常識王

高クイも一応身終わりましたがこちらにも部員が出ていました。(事後報告すみません)
こちらの方がしっかり学校紹介されていました。それにしてもすごい人と同じ部活にいたもんだな…と毎回感心します。
(この夏で7人テレビ出演!さらに月末にはOBがでます。※乃木坂が来た件は別カウント)ちなみに僕があそこで実績を残していたら何と評されるか聞いてみたい気もしますが、まあ遠い世界でして。
後輩の活躍はひとまずは受験のためのエネルギーとして活用させていただきます。
僕の学校のクイ研のレベルの高さと僕の選球眼には驚かされます。つぎは大学合格実績でも全国を驚かせる番ですか。まあ自分のことに集中してやっていきます。
にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校3年生へ
にほんブログ村
by nsmik | 2017-09-19 00:56 | 競技クイズ | Comments(0)

高校生クイズ2017

桜丘高校の二人、優勝おめでとうございます。
今年は僕は一視聴者に過ぎないわけです。それどころか家に着いたのが10:40過ぎ。僕の学校が負けたあとでした。予選にすら参加してませんから。
それでは何の感想も書けないではないか…と思ったのでなんか書いてみます。
・結局のところ強い人が勝つ
 前のほうが良かったという意見も聞きますが、これだけはぶれない。逆に勝ったから強いの方が適切かもしれない。
 とにかくすごい世界で戦っているのは事実。テレビゆえの限界もあるかもしれないが、本格的なクイズを見たければabcもstuもあるのでぜひ参加してみてください。現在日本クイズ協会ではクイズ体験会も実施しています。

…こんな内容を書きたいのではなかった。テレビ論の話は…これもチラシの裏に書いとけ程度の自己満足の内容。

ほとんど去年書き尽くした。

何故か投稿になってなかったので今更

by nsmik | 2017-09-02 01:49 | 競技クイズ | Comments(0)